P2Pソフトでファイルの共有を行うための設定

ファイルを共有するためにP2Pソフトを利用する場合、いろいろな設定をしないとうまくファイルを共有出来ない場合があります。

たとえば、自分のパソコンの中にある共有したいファイルをアップロード出来ず、相手が共有しているファイルのダウンロードをしようとしても、速度が遅くてそれほど大きなファイルではないのに完了までに何時間もかかるといったことが起こりえます。


では、たとえばどのような設定が必要なのかというと、ルーターのポート開放です。


ルーターとはパソコンをインターネットに接続する際に利用する機械です。インターネット接続の設定を通信会社の人にやってもらったという場合、ルーターの設定画面を見たことがなく、なにをどうしていいのかわからないということも少なくありません。

今までになかった教えてgoo選びをサポートするサイトです。

ルーターというのは、パソコンとプロバイダを接続するために必要な機会ですが、第三者からインターネットを通じて不正アクセスされないようにするという機能も備えています。

しかし、その機能は、P2Pでの通信を遮断してしまうので、ポートを開放して例外処理をするのです。



ポートというのは外部のサーバーと通信を行うために必要な穴のようなものですが、ルーターはこれをすべて塞いでいます。そうして外部からの攻撃からパソコンを守っているわけですが、一つのポートだけを開放してやるのです。

そうすることによって、P2Pソフトが通信相手のパソコンとやりとり出来るようになり、共有が可能になるのです。

ファイルの共有が最近こちらで話題になっています。