グループの仕事を効率化させるグループウェア

グループウェアとは、どういうものでしょうか?皆さんは、表計算やワープロ、プレゼンテーション用のソフトウェア、あるいはカレンダーによるスケジュール管理のソフトウェアなどを使ったことがあるのではないでしょうか。
これらのソフトウェアは確かに便利です。

しかし、これらのソフトで作ったものを他の人と共有できたらいいのになと思ったことはないでしょうか。
実は、これを実現しているのがグループウェアなのです。



例えば、皆さんが作った表計算のシートやワープロの文書、プレゼンテーション用資料などを一つのデータベース上にまとめて、グループで見られるようにします。

テーマ別に色々なデータベースを作ってもよいですし、このデータベースは営業部の人だけが見られるようにしたりとか、特定の人だけが書き込みをできるようにするといったようなアクセス制御をすることもできます。

あなたに合った条件でtogetterの情報を利用しない手はないです。

このような共有データベースは、グループウェアの最も基本的な使い方ですが、このようなものであっても、文書の作成者ごとに表示したりとか、更新日時の順番に表示したりとか、作成者の部門ごとに表示したりといったような工夫をすることができます。

このような表示画面のことをビューと呼びますが、ここに数式を組み込むこともできますので、例えば、部門毎の売上とか、担当者ごとの売上、全体の売上など、このビュー上で一覧することができるようになるのです。

つまり、グループウェアでは、このようにグループの仕事を効率化させることができるのです。

スケジュールの管理の料金情報をこれから探す方におすすめのサイトです。